食の安全性への関心の高まりは、食品に対する安全・安心への取り組みが強く求められて
   いるとともに、その対極に産地全体の信用に係わる大きな問題も抱えています。
      そのような昨今の情勢を踏まえ、私たち福井市南部地区生産者は、皆さまにお届けする農
   作物が安全であることを宣言します。
農薬を購入する場合、必ずつぎのことを確認します。
  どのような農薬が必要であるかを確認します。
栽培している農作物の種類、病気、害虫、雑草などの種類、被害の状況、発生した時期などから、適切な農薬を選んで購入します。
  農林水産省に登録されている農薬であるかを確認します。
農作物等の防除には、農林水産省の登録農薬か特定農薬(重曹、食酢、使用場所の周辺(県内)で採取された天敵)だけしか使用しません。

特定農薬とは、原材料に照らして、農作物等、人畜および水産動植物に害を及ぼす恐れがないことが明らかなものとして、国が指定する農薬です。
農薬を使用する場合、つぎのことを守って、安全に使用します。
  農薬の適性使用、適期防除に努めます。
  農薬の飛散を防ぎます。
農薬を散布する場合は、周りに配慮して行います。
特に住宅地域やその周辺で農薬を使用する場合には、農薬が飛散しないように努めます。
  農薬使用後の安全を確保します。
農薬の使用後には周囲の安全のため、農薬が水田から流出しないように努めます。
  農薬の保管を徹底します。
  農作物毎に「栽培日誌」を作成し、農薬や肥料の使用履歴や栽培経過の管理を行い
      ます。
▲このページのTOPへ